日本ビタミン学会

ビタミンQ&A

「やさしいビタミンのお話」を掲載したところ、たくさんの方から質問を頂きました。その中から重要な質問を選んで、ビタミンに関する Q&A という形で、逐次掲載してゆきます。

やさしいビタミンの話

ビタミンとは

 栄養素(正常な生命活動維持のために体内に取り入れる物質)には、糖質、タンパク質、脂質、無機質(ミネラル)およびビタミンがあります。ヒトの体は細胞から成っていますが、その細胞は水、無機質以外はさまざまな有機化合物からできています。食物として摂取された栄養素が消化により一旦分解された後、吸収され、細胞の中でそれぞれ特有の必要な化合物が合成されます。ところが、体の中で新たにつくることができない有機化合物で、しかも生命に必須な微量化合物があります。それがビタミンと呼ばれる化合物で、必ず摂取されなければなりません。

 ビタミンとは、一口にいえば,微量有機栄養素である.すなわち,正常な生理機能を営むために必要不可欠であるが,その必要量を体内で作れないので体外から取り入れなければならない有機化合物のうち,必要量が微量であるものの総称である.一般に13種類の化合物がビタミンと呼ばれています。

ヒト以外のほ乳動物もおおむねビタミンを自分でつくることができません。しかし、植物、微生物はビタミンをつくる能力を持っていることが多く知られています。したがって、ビタミンは食物として摂取される以外に、腸内細菌によってつくられてその必要量の一部として供給されるビタミンもあります。それらのビタミンの欠乏症は比較的起こりにくくなります。

最近では、ビタミン様作用を示す化合物および無機質などもビタミンに準じて考えられており、バイオファクターと呼ばれています。ホルモンも微量で作用する化合物ですが、体内でつくられます。

ビタミン(vitamin)という名前は、1912年にビタミンB1が発見された時に、生命(vital)に必要な、そして、窒素を含むアミン化合物(amine)という意味でつけられました。その後、いろいろなビタミンが発見されアミンではない化合物も少なくありませんが、ビタミンと呼ばれ、英語では vitamin と表します。

ビタミンには、水に溶ける水溶性ビタミンと水に溶けないで油脂に溶ける脂溶性ビタミンとがあります。

ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸などは水溶性でB群ビタミンと呼ばれます。ビタミンCも水溶性ビタミンです。

脂溶性ビタミンには、ビタミンA、D、E、Kがあります。これらのビタミンの名前は、発見された順番あるいは生理作用をあらわす意味でつけられています。

このホームページの以下の部分で、それぞれのビタミンについて、どのように発見されたか、どのような化合物か、さらに、それらの生理作用と生化学、食事摂取基準、多く含まれる食品などについて解説されています。また、欠乏症および脂溶性ビタミンでは過剰症についても述べられています。

現代の日本では、ビタミン欠乏症は少なくなってきましたが、最近、高齢者や若者のアンバランスな食生活による潜在性欠乏症が大きな問題になっています。また、多くは遺伝的疾患としてのビタミン依存症も明らかになりつつあります。さらに、これまで知られていなかったビタミンの新しい機能も見つかってきています。

いろいろなビタミンについての解説

ビタミンのさまざまな働きを説明しています。また、新しく発見された生体物質をわかりやすく説明しています。

水に溶ける(水溶性)ビタミン

 ↓タイトルをクリックすると、内容が表示されます。
表示しない場合はこちらからPDFをダウンロードしてご覧ください。(印刷用)

(1) ビタミンB1

 

(2) ビタミンB2

 

(3) ビタミンB6

 

(4) ビタミンB12

 

(5) ビタミンC

 

(6) 葉酸

 

(7) ナイアシン

 

(8) ビオチン

 

(9) パントテン酸

 

水に溶けない(脂溶性)ビタミン

↓タイトルをクリックすると、内容が表示されます。

(1) ビタミンA

 

(2) ビタミンD

 

(3) ビタミンE

 

(4) ビタミンK

 

わかりやすいビタミンのやくわり

わかりやすいビタミンのやくわり(Flash Movie)

『ビタミン』は『力強いアミン』という意味だった(ビタミンと呼ぶようになった訳)

ジャンプしますと、音声とフリップで説明が始まります。お使いのコンピュータのスピーカーの音量を適切に調整してからご覧ください。

ビタミン並びに関連したバイオファクターに関するトピックス

ビタミン総合事典

Page
Top