日本ビタミン学会

日本ビタミン学会第74 回大会 学生優秀発表賞受賞者

第74 回大会参加役員の投票結果を,2022年7月13日(水)開催の業務担当理事会にて開票・審議した結果,下記の5 名の方が受賞者に決定されましたので,お知らせいたします.

公益社団法人 日本ビタミン学会
会長 松浦 達也

受賞者(五十音順)

 石田 哲也(島根大学大学院自然科学研究科)

『苔類ゼニゴケにおけるアスコルビン酸生合成経路とその調節機構の検証』

 

・ 鈴木 花奈子(中部大学大学院応用生物学研究科)

『 植物のアスコルビン酸生合成の律速酵素VTC2の発現制御因子の同定』

 

・ 東條 祥子(大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科)

『 ビタミンE栄養状態と上気道感染症との関係についての施設入居高齢者コホート研究』

 

・ 長尾 知佳(富山県立大学大学院工学研究科)

『ビタミンD 1α位水酸化酵素発現アデノウイルスベクターを用いたI型くる病モデルラットの治療 』

 

・ 春本 恵里花(徳島大学大学院医歯薬学研究部)

『高齢マウスの腎臓におけるビタミンA代謝関連遺伝子発現変化』

以 上

第22回国際栄養学会議(22nd IUNS-ICN)開催のお知らせ

会 期:2022 年12 月6 日(火)~ 11 日(日)
会 場:東京国際フォーラム (東京都千代田区丸の内3 丁目5 番1 号)
テーマ:栄養学の力で100 億人を笑顔に!
主 催: 日本学術会議,日本栄養・食糧学会,日本栄養改善学会

 

第22回国際栄養学会議(22nd IUNS-ICN)会期中のスケジュール(予定)、メインプログラムの紹介(Opening / Plenary / Closing Lectures)の他、参加登録費、会期までの主な日程等につきましては、下記のURLに掲載されております。   https://icn22.org/files/ICN2022_2ndCircular.pdf

 

参加登録については、下記会議ホームページのRegistrationページをご参照いただけますと幸いです。
当学会員の皆様は、カテゴリー「Members of specified organizations*2」の対象となります。https://icn22.org/registration.html

 

詳細につきましては、ホームページをご参照ください。
   https://icn22.org/

 

 

2022年2月11日に開催された,学会賞選考委員会ならびに理事会において,下記の方々に学会賞,奨励賞,企画・技術・活動賞を授与することが決定されました.

(受付順,敬省略)

学 会 賞

石川 孝博(島根大学学術研究院農生命科学系 教授)
「アスコルビン酸の抗酸化能と生合成に関する分子生理学的研究」

林 秀行(大阪医科薬科大学医学部 教授)
「ビタミンB6酵素の構造と機能に関する研究」

奨 励 賞

桒原 晶子(大阪府立大学総合リハビリテーション学類 栄養療法学専攻 准教授)
「脂溶性ビタミンの臨床的意義およびその適正量に関する研究」

増田 真志(徳島大学大学院医歯薬学研究部 助教)
「骨ミネラル代謝異常における脂溶性ビタミンおよび生理活性脂質の病態生理学的役割の研究」

企画・技術・活動賞

株式会社ファンケル 総合研究所 ヘルスサイエンス研究センター 
松岡 小百合,串岡 拓也,高野 ひとみ,由井 慶
「ビタミンDの有用性および充足に向けた取り組み」

 

 

授賞式並びに受賞講演は,日本ビタミン学会第74回大会第1日目(6月25日午後)にて執り行います。

 

学会賞並びに奨励賞は,下記の賛助会社のご援助によるものであり,深く感謝いたします.

アリナミン製薬株式会社
第一三共株式会社             (五十音順)

 

公益社団法人 日本ビタミン学会
会長 松浦 達也

理事会において,「功績者」に下記の方々が決定されました.

なお,表彰式は,日本ビタミン学会第74回第1日目(6月25日午後)にて執り行います.

(五十音順、敬称略)

 

清水 昌氏         京都大学名誉教授

虎谷 哲夫氏       岡山大学名誉教授

堀内 三郎氏       岩手医科大学名誉教授

 

 

2022年2月11日に開催された理事会において,桒原晶子氏(大阪府立大学総合リハビリテーション学類 栄養療法学専攻 准教授)にトピックス貢献賞を授賞することが決定されました。

 

掲載トピックス論文は、下記の4編です。

95巻9号
「納豆摂取と骨折リスク」
「多発性硬化症におけるビタミン D の意義」
「ワルファリン及び非ビタミン K 拮抗経口抗凝固薬の骨折リスクへの影響」

95巻12号
「自閉スペクトラム症(ASD)者におけるビタミン欠乏症」

 

               公益社団法人 日本ビタミン学会
会長 松浦 達也

「若手海外優秀発表賞」受賞者

 

2022年2月11日の理事会において,「若手海外優秀発表賞」受賞者が決定さいたしました.
なお,表彰式は,日本ビタミン学会第74回第1日目(6月25日午後)にて執り行います.

木瀬 智子 (富山県立大学大学院 工学研究科 生物・医薬品工学専攻)
「Gene therapy for vitamin D receptor (VDR) knockout rats using adenoviral vector」

若手海外優秀発表賞

Young Investigator Presentation Award

応 募 要 項

 

趣  旨:国際的学術会議で優秀な発表をした若手研究者を顕彰するものである。

応募資格:当該発表時に,40歳未満の正会員・学生会員であること。

2022年4月1日~2023年3月31日に国外で開催される国際的学術会議(WEB大会含む)であること。

      発表内容は、ビタミン・バイオファクターに関する演題であること。

応募締切日:2022年12月31日(土)

提出書類

          1. 若手海外優秀発表賞応募用紙(pdf)
          2. アブストラクトおよび研究概要(日本語でA4用紙1枚程度)を添付
          3. 採択されていることが証明できる書類

書類提出先:学会事務局へメール添付にて提出

表 彰 式:2023年 日本ビタミン学会第75回大会会場の予定

 

  • 応募時に演題の採択が決まっていることが望ましいが、採択予定のものも申請可とし、採択後に証明書類などを提出すること
  • 受賞者は、受賞後に報告書とあわせてビタミン誌に寄稿すること (原著、論文紹介、総説、トピックスなど)

2019年10月1日、2日にILSI Japanが開催いたしました、「第8回栄養とエイジング国際会議」当日の講演内容が、米国「Nutrition Reviews」誌へ投稿され、オンラインジャーナルとして閲覧できます。
ご一読いただければ幸甚に存じます。 (閲覧は無償になっております。)

 

アクセス先 https://academic.oup.com/nutritionreviews/issue/78/Supplement_3

お知らせ

  • すべて
  • お知らせ
  • 学術集会
  • 賞・助成
  • 求人情報
Page
Top