日本ビタミン学会

若手海外優秀発表賞

Young Investigator Presentation Award(アムウェイアワード)

応 募 要 項

 

趣  旨:国際学会等で優秀な発表をした若手研究者を顕彰するものである。

応募資格:当該発表時に,40歳未満の正会員・学生会員であること。

      2021年4月1日~2022年3月31日に国外で開催される国際学会等(WEB大会含む)であること。

      発表内容は、ビタミン・バイオファクターに関する演題であること。

応募締切日:2022年1月11日(火)まで延長いたします。

提出書類

          1. 若手海外優秀発表賞応募用紙(pdf)
          2. アブストラクトおよび研究概要(日本語でA4用紙1枚程度)を添付
          3. 採択されていることが証明できる書類

書類提出先:学会事務局へメール添付にて提出

表 彰 式:2022年 日本ビタミン学会第74回大会会場の予定

 

  • 応募時に演題の採択が決まっていることが望ましいが、採択予定のものも申請可とし、採択後に証明書類などを提出すること
  • 受賞者は、受賞後に報告書とあわせてビタミン誌に寄稿すること (原著、論文紹介、総説、トピックスなど)

2022年度 三島海雲記念財団 学術研究奨励金 応募要項 【自然科学部門】

 

自然科学と人文科学の学術研究において、将来の発展が期待できる優れた研究を支援することを目的としています。

 

1.対象分野

自然科学部門:食の科学に関する学術研究

2.助成の種類

学術研究奨励金は「個人研究奨励金」と「共同研究奨励金」の2 種類に分類します.

 (A)個人研究奨励金
個人研究を対象とし,応募する研究者個人に対する助成金ですが,共同研究者のあることを妨げません.
(B)共同研究奨励金
複数の研究機関又は異なる部局の研究者が,共通の課題について,共同して行う研究を対象とし,共同研究グループに対する助成金です.

              ※「 個人研究奨励金」と「共同研究奨励金」の申請書は様式が異なります.

3.応募受付期間

2022年1 月11日(火)~ 2 月28日(金)17時

 

  • 詳細については,ホームページをご覧ください.

http://www.mishima-kaiun.or.jp/

2022年度学術研究奨励金_応募要項(自然科学)

  • 申請書類送付先およびお問い合わせ先

<申請書送付先>

 公益財団法人三島海雲記念財団

 〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-6-10 ジラッファビル

<問合せ先>

 TEL:03-5422-9898  FAX:03-5422-9733

 E-mail:mishimak15@mishima-kaiun.or.jp

日本ビタミン学会事務局は、2021年12月28日(火)から2022年1月4日(火)までの間、業務をお休みさせていただきます。

休業期間中にいただいたお問い合わせにつきましては、休み明けに順次回答させていただきます。

ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

なお、1月5日(水)から通常業務を開始いたします。

 

「東京栄養サミット2021イベントの参加について」のお知らせ

 

12月7日(火)および8日(水)の夜に東京栄養サミットが開催されます。

ご参加いただけますと幸いです。

 

以下の「参加方法」から視聴できます。

https://www.n4g-tokyo2021.jp/

 

サイドイベントは、

https://www.n4g-tokyo2021.jp/side.php

からご覧下さい。

そのうち厚生労働省関連のものは以下になります。

https://www.mhlw.go.jp/nutrition_policy/tokyosummit2021/

 

ご案内まで

日本ビタミン学会第73 回大会 学生優秀発表賞受賞者

第73 回大会参加役員の投票結果を,2021 年7 月17 日(土)開催の業務担当理事会にて開票・審議し
た結果,下記の8 名の方が受賞者に決定されましたので,お知らせいたします.

公益社団法人 日本ビタミン学会
会長 松浦 達也

受賞者(五十音順)

・ 木瀬 智子(富山県立大学大学院工学研究科)

【ビタミンD 受容体発現アデノウイルスベクターの作製および II 型くる病モデルラットへの治療応用】

 

・ 佐々木 晧平(徳島大学大学院医歯薬学研究部)

【慢性腎臓病におけるall-trans retinoic acid 水酸化酵素Cyp26b1 制御機構の解明】

 

・ 高村 祐太(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

【Gatekeeper レチノイドX 受容体アンタゴニストCBTF-EE を骨格とする新規蛍光性RXR アンタゴニストの創出とリガンド結合試験法への展開】

 

・ 辰巳 理奈(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科)

【All-trans retinoic acid 応答遺伝子 LGR6 の筋分化制御機構の解明】

 

・ 土志田 裕太(東京都健康長寿医療センター研究所,東京都立大学生命科学専攻)

【血液透析は日本人透析患者の血漿アスコルビン酸濃度を低下させる】

 

・ 中冨 毅(東北大学大学院農学研究科)

【α-トコフェロールとα-トコトリエノールの細胞内取り込み量の違い:培地中のアルブミンによる影響】

 

・ 原田 美帆(島根大学大学院自然科学研究科)

【植物のフラビン代謝調節に関与する新規転写因子の生理機能解析】

 

・ 村上 大毅(大阪市立大学大学院理学研究科)

【セリンパルミトイル転移酵素におけるアミノ酸基質の許容性】

以 上

日本ビタミン学会第74回大会のお知らせ

『ビタミン製剤の過去・現在・未来 ―ビタミンを上手に使うー』

 

会   期:2022年6月25日(土)~26日(日)

会   場:福岡大学薬学部  〒814-0180 福岡市城南区七隈8-19-1

大会委員長:髙田 二郎(福岡大学薬学部)

実行委員長:松永 和久(福岡大学薬学部)

共   催:福岡大学

第22回国際栄養学会議(22nd IUNS-ICN)開催のお知らせ

会 期:2022 年12 月6 日(火)~ 11 日(日)
会 場:東京国際フォーラム (東京都千代田区丸の内3 丁目5 番1 号)
テーマ:栄養学の力で100 億人を笑顔に!
主 催: 日本学術会議,日本栄養・食糧学会,日本栄養改善学会

 

詳細につきましては、ホームページをご参照ください。

   https://icn22.org/

 

会期中のスケジュール(予定)、メインプログラムの紹介(Opening / Plenary / Closing Lectures)の他、参加登録費、会期までの主な日程等につきましては、下記のURLに掲載されております。

   https://icn22.org/files/ICN2022_2ndCircular.pdf

 

参加登録については、下記会議ホームページのRegistrationページをご参照いただけますと幸いです。
当学会員の皆様は、カテゴリー「Members of specified organizations*2」の対象となります。

https://icn22.org/registration.html

 

 

 

1. 内藤記念科学振興賞候補者推薦

趣旨:人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的領域において、進歩発展に顕著な功績のあった研究者に対して褒賞を授与するものである。

締切日:2021年9月30日(木)(推薦手続きの完了期限)

2. 内藤記念海外学者招聘助成金

趣旨:人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究を行う外国の研究者を招聘する際の費用を補助するものである。

締切日: (前期)2021年6月1日(火)
(後期)2021年9月30日(木)
 ※いずれも電子申請の完了期限

3. 内藤記念講演助成金

趣 旨:人類の健康の増進に寄与する自然科学の基礎的研究に関する国内で開催される国際会議の開催に対し、費用を補助するものである。

受付期間: (夏季)2021年4月1日~2021年5月20日
(秋季)2021年5月21日~2021年8月20日
(冬季)2021年8月21日~2021年11月20日
(春季)2021年11月21日~2022年2月18日
※いずれも電子申請の完了期限

 

  • 詳しい内容は、“公益財団法人内藤記念科学振興財団”ホームぺージをご覧ください。
  • https://www.naito-f.or.jp/
  • 当学会からの推薦を希望する場合は、学会事務局までご連絡ください。

お知らせ

  • すべて
  • お知らせ
  • 学術集会
  • 賞・助成
  • 求人情報
賞・助成

トピックス貢献賞について

Page
Top